銀座線浅草駅周辺

浅草といえば、もちろん欠かせないのが浅草寺参りですね。雷門から仲見世を歩き、本堂へ。そのお隣には浅草神社もございます。こちらは観音様を祀った3名の八柱が祀られています。

詳細はこちら銀座線浅草駅周辺は東京エリアへ

銀座線浅草駅周辺

銀座線浅草駅のほぼ真上に、電気ブランで知られる神谷バーがございます。明治13年創業で日本初のバーでもあります。今なお明治の面影が残っている味のあるお店です。

毎年地域住民が楽しみにしている三社祭は、浅草寺境内にある浅草神社のお祭りです。みんな気合い入ってます!地方からも見に来る人が大勢いるほどの人気のお祭りです!

六区エリアへ行けば、昔から映画や劇場などの娯楽が楽しめるエリアとして親しまれております!今も小劇場などがありお笑いライブなども気軽に見れます!活気があります!

浅草寺の観音様は隅田川で偶然拾われたものと言われております。しかも小指サイズほどの小さい観音様とのことです。これほどまでに人気の理由はやはり粋な街並みでしょうね!

銀座線浅草駅は雷門がすぐ近くにあり、浅草寺に訪れるかた、観光でいらっしゃったかたにも非常に便利にお使いいただけます。地下から上がると下町情緒あふれる光景です!

銀座線浅草駅

隅田川も近く、江戸情緒ある風景が展開します。駅からすぐ近くの橋は吾妻橋です。橋のふもとからは水上バスもでており、隅田川を下り浜離宮やお台場方面へ行くことができます!

詳細はこちら銀座線浅草駅は東京エリアへ

銀座線浅草駅

駅構内から東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)へ乗り換えが可能です。乗り換えて一駅でとうきょうスカイツリー駅です。一度地上にでて都営浅草線の浅草駅も近いです!

雷門から浅草寺の本堂にかけて、仲見世をぶらりが楽しいです!あげまんじゅうやおせんべい、ソフトクリームなどの誘惑もたくさん!食べ歩きしながら浅草ならではのお土産を見つけてください!

銀座線浅草駅の住所は台東区浅草1丁目です。駅構内は浅草ならではの仲見世にかけて駅見世という商業施設へとリニューアルされておりますが、以前は松屋デパートでした。

浅草の見どころと言えば!やっぱり浅草寺ですよね!浅草寺~からの~東京スカイツリーがよく見えちゃうスポットもあるんです!なぜか訪れるたびにお線香の煙あびちゃいますよね!

銀座線浅草駅はレトロな雰囲気が残りいかにも「昭和」といった感じです!駅構内には立ち飲みの呑み屋さんなどもありいい感じです!気取らず気さくなお店が落ち着きますね。

東武亀戸線沿線

廃駅となった駅には、北十間駅、天神駅、十間橋通駅、虎橋通駅があります。1945年前後に廃止となっている駅が多く、東京大空襲の影響が大きいと考えられます。

詳細はこちら東武亀戸線沿線は東京エリアへ

東武亀戸線沿線

電車は2両編成で亀戸駅と曳舟駅を往復しております。朝のラッシュ時には3両編成になります。約7分から8分ほどで運行しておりますので、それほど不便ではありません。

終点の曳舟駅は、スカイツリーエリアとなります。かなり大きくスカイツリーが見ることができます。また新名所オープンの影響で街並みも変わり人気も上昇中のエリアです。

都心部を走る電車ですが、のどかな風景や下町の風景が見られるので、どこかホッとするような、なつかしい光景が広がっております。亀戸・亀戸水神・東あずま・小村井・曳舟駅の5駅です。

起点となる亀戸駅は、駅にはアトレが入っており、また駅前の環境も、ドンキホーテやサンストリート亀戸、古くから地域住民に親しまれている活気ある商店街もあり賑やかです。

東武亀戸線は、江東区にある亀戸駅と墨田区にある曳舟駅を結んでいる路線です。運営は東武鉄道でラインカラーは青。路線距離が3.4㎞で全5駅のみの鉄道路線です。

東武伊勢崎線大師線沿線

1962年からは北千住駅から東京メトロ日比谷線への直通運転が開始されており、上野・秋葉原・東銀座・日比谷・六本木・恵比寿・中目黒方面へのアクセスが便利です。

詳細はこちら東武伊勢崎線大師線沿線は東京エリアへ

東武伊勢崎線大師線沿線

この路線は、江戸五街道のひとつ、日光街道の沿線として造られました。東照宮があることから定められた日光街道ですが、重要なアクセスとして利用されるのは今も昔も変わりませんね。

路線距離は114.5キロメートルという大変長い路線となっております。開業は1899年、北千住~久喜館が最初に開業されました。浅草へ乗り入れできるようになったのは昭和になってからです。

2012年に東京スカイツリーが完成し、ますます注目されることになった東武伊勢崎線。沿線も開発の進む住みやすい街並みが多く幅広い層に人気があります。大型商業施設も多数あります。

日比谷線・半蔵門線へと乗り入れできる便利な路線です。乗り入れに伴いダイヤ改正も行われてきました。今では80%以上が浅草方面ではなく地下鉄方面への車両になっています。

東武伊勢崎線は浅草駅から群馬県の伊勢崎駅を結ぶ路線です。東武動物公園から浅草間、押上~曳舟間はスカイツリー開業に伴い、東武スカイツリーラインという愛称がつけられました。

北総線沿線

京成高砂駅では、京成本線で上野方面へ、京成押上線で押上駅へ、京成金町線で柴又を通り金町駅へ行くことができます。沿線の住宅街は下町情緒のある街並みです。

詳細はこちら北総線沿線は東京エリアへ

北総線沿線

路線距離は32.3キロメートルで、千葉ニュータウンや新鎌ヶ谷、東松戸などを通ります。京成高砂からは京成線・都営浅草線・京急線に乗り入れており、羽田空港までのアクセスも便利です。

車窓からの風景は、高砂を出ると柴又などの下町風景があり、江戸川を越えると徐々に田園風景が広がります。その先は地形上トンネルの多い区間となっていきます。

北総線は、都心と千葉ニュータウンをつなぐことを目的として計画されましたが、まずは千葉ニュータウン内の整備のため北初富駅から小室駅間が第1期として開業されました。

他路線への乗り換え可能な駅は、東松戸にて武蔵野線と成田空港線、新鎌ヶ谷にて成田空港線・新京成線・東武野田線、千葉ニュータウンと印旛日本医大で成田空港線とアクセスしています。

北総線は葛飾区の京成高砂駅から千葉県印西市の印旛日本医大駅間の路線です。運営は北総鉄道で路線記号はHSです。全15駅からなっております。開業は1979年。

新京成線沿線

現在は乗り入れ車両はありませんが、過去には北総開発鉄道や現在の千葉ニュータウン鉄道が乗り入れていました。新京成のカラーはメインがジェントルピンク、サブがニューマルーンです。

詳細はこちら新京成線沿線は東京エリアへ

新京成線沿線

1946年に新たに設立した会社なので、京成グループの新しい会社ということで新京成電鉄となりました。計画段階では下総鉄道でしたがグループ会社としてわかりやすい方を選んだんでしょうね。

沿線は、松戸駅から常盤平や新鎌ヶ谷、高根、習志野などを通り京成津田沼駅へと到着です。京成津田沼からは浅草線などに乗り入れる京成線に乗り換えることができます。

新京成鉄道株式会社の本社は千葉県鎌ケ谷市にあります。鉄道業以外にもバス事業・不動産業なども営んでおります。ブログなどもマメに更新しており、沿線の良さをお伝えしています。

シンボルマークはカーブの多い当路線をイメージしています。大きなS字が横に延びているのが象徴的ですね。カラーもメインとサブのカラーの2種類を使っているようです。

新京成線は、松戸駅と京成津田沼駅を結んでいます。運営は新京成電鉄で京成グループの子会社です。一部京成千葉線に乗り入れますが、乗り入れてくる車両はありません。

京成押上線沿線

運行列車の種類は、快速特急・アクセス特急・特急・通勤特急・快速・普通車両があります。都営浅草線内ではエアポート特快以外各駅停車になります。

詳細はこちら京成押上線沿線は東京エリアへ

京成押上線沿線

区間距離は5.7キロメートルと短いですが、多路線への乗り換えでとても便利です。羽田空港線や成田スカイアクセスも乗り入れるので羽田空港と成田空港への往来は特に便利にご利用いただけます。

駅は押上駅・京成曳舟駅・八広駅・四ツ木駅・京成立石駅・青砥駅の計5駅です。そのうち他社路線への乗り換え可能駅は押上駅です。半蔵門線と東武伊勢崎線があります。

京成押上線の沿線は、下町情緒のある住宅街が多く、どこかなつかしい風景があります。生活もしやすい環境にあり、シングルタイプからファミリー層まで幅広い層がお住まいです。

京成押上線沿線には踏切が多く交通渋滞の基になっておりましたが、ようやく今年平成27年の8月に全線高架化されます!お住まいになっている方には大変うれしいニュースですね!

京成押上線は、墨田区の押上駅と葛飾区の青砥駅を結んでいます。青砥より東は京成電鉄本線と直通しており、押上から南方面は都営浅草線と接続しております。

京成電鉄本線沿線

一般列車には、快速特急・アクセス特急・特急・通勤特急・快速・普通車両があります。過去には本線系統急行・押上線系統急行・エアポート特急・通勤特急・通勤急行・快速・準急などもありました。

詳細はこちら京成電鉄本線沿線は東京エリアへ

京成電鉄本線沿線

正式名は「本線」ですが、成田スカイアクセス開業後「京成本線」と案内されるようになりました。その他、京成成田線や区間によって上野線、空港線などと呼ばれることもあります。

廃駅となった駅で寛永寺坂駅の駅舎も残っております。言問通りの脇にあります。言われないと気づかないかもしれませんが歴史を感じさせる雰囲気はしっかり残っています。

運行列車のうちの快速特急は、一般車両のなかで最も早い列車です。平日と土日では大きくダイヤが変化します。平日は主に浅草線経由の京急方面、土日は京成上野方面へ行きます。

沿線には廃駅となった駅舎が今でも残っている駅もあります。そのひとつに博物館動物園駅があります。1997年休止になり現在は東京都美術館の資材庫として利用されています。

京成電鉄本線は、台東区の京成上野駅から成田空港を結んでいる路線です。走行距離は69.3キロメートル。全駅42駅あります。運営は京成電鉄です。路線記号はKS。

成田スカイアクセス沿線

2014年11月8日にダイヤ改正が行われました。早朝や深夜のアクセスが充実し、都心から成田空港へのアクセスがますます便利になりました。お仕事帰りでも旅行に行けちゃいます。

詳細はこちら成田スカイアクセス沿線は東京エリアへ

成田スカイアクセス沿線

走行距離は51.4キロメートルですが、このうち32.キロメートルは北総線、8.4キロメートルは京成本線として開業済みの区間です。スカイアクセスはこの二つを直結させる目的で開業されました。

成田空港への運行形態はスカイライナーは20~40分間隔で1日上下54本、アクセス特急は40分間隔で1日上下52本です。以前に比べかなり充実したダイヤの内容になっています。

今後の構想としては浅草線の追い越し増設やパイパス線などの考案があります。実現した場合はどちらも60分前後での往来が可能になります。ますます便利になりますね!

成田スカイアクセス開業にあたり、線路を5.2キロメートルも短くすることができ、時速160キロ出せる新型車両を投入することができました。また有料特急も新設されとても便利になりました。

成田スカイアクセスは葛飾区の京成高砂駅と成田市の成田空港を結んでいる路線です。正式名称は京成成田空港線でスカイアクセスは愛称です。2010年7月に開業しました。

つくばエクスプレス沿線

つくばエクスプレス沿線は続々と新しい住宅が建ち、駅前にも商業施設が増えております。そのため、乗客数も上昇中で運営状況も黒字経営です。人気も上昇中のエリア多数です。

詳細はこちらつくばエクスプレス沿線は東京エリアへ

つくばエクスプレス沿線

一般的につくばエクスプレスとして知られていますが正式には常磐新線と言います。聞きなれないですね。他にはつくば、とか、TX(ティーエックス)とかの方が馴染みがありますね!

路線名の由来となっているバラの特徴は、つぼみから開花までが早いという特徴もあり、まさに速さも売りにしているTXにぴったりな名前ですね!大輪で香りも強くトゲが少ないのも特徴です。

運行形態は、普通・区間快速・通勤快速・快速があります。通勤乗客数は年々増加しております。度々話題となる東京駅までの延伸計画。これも実現したらさらに便利になりますね!

つくばエクスプレスに由来した同名のバラがあります。このバラを試験栽培から販売に至らせた茨城県の農園が、名前を茨城を象徴するものにしたいということで付けられました。

つくばエクスプレスは、2005年8月に開業し、千代田区秋葉原駅とつくば市のつくば駅を結んでいます。運行は首都圏新都市鉄道です。走行距離は58.3キロメートル、全20駅です。

Fudousan Plugin Ver.1.6.1